1. TOP
  2. 究極の美とは「機能美」

究極の美とは「機能美」

桑野一哉
この記事は約 2 分で読めます。 6 Views

「美」。
私が美を語るなんてお門違いなんだけど。。。
 
「美」って、究極的には「機能美」だと思うんですよね。

 
この写真、近所で足場を崩しているとび職?のにーちゃんたち。
恐ろしく体の使い方が「美しい」です。
 
上から買いたいしながら、パーツを下ろしていく。
この時の動作が、とにかく美しい。


 
最小限の労力で、結果を出す。
それを無言で連携しているわけです。
 
言葉でも現場を見ても共感してもらえないと思うけど、とにかく美しい。


 
パーツごとに受け取り方も違い、大きさによって動作も変わる。
 
とにかく美しい。

 

考えてみれば、人の外見もそう。

顔色がいい、血液の流れがいい、それは健康だから。
逆に猫背がかっこ悪いのは、姿勢が悪い、良い動きができない状態。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 闘犬文化

  • 学費が高く10万円では足りない?

  • NO IMAGE

    ネットの誹謗中傷

  • ドイツ勝利!コロナワクチン強制摂取法案却下

関連記事

  • ラクダちゃん

    ペットボトル10本で一生遊んでくらせる

  • 紙の博物館

    紙の博物館リニューアル中

  • NO IMAGE

    応援上映

  • いづも池袋

    池袋いづも コロナ飲み放題

  • NO IMAGE

    小西真奈美と桑野一哉の2019/10/28

  • 幼児

    議会に幼児はあり?なし?