1. TOP
  2. ピカソが30秒で書いた絵の価値は100ドル?

ピカソが30秒で書いた絵の価値は100ドル?

桑野一哉
この記事は約 3 分で読めます。 10 Views

ピカソが30秒で書いた絵の価値は100ドル?

【ただでやってよ問題】に近い話ですね。

非常に簡潔でなのがこの記事。

https://tabi-labo.com/181228/picasso-price
「この紙に絵を描いてくれませんか?」熱望するファンに対するピカソの行動
30秒で書いた絵を渡し、「この絵の価格は、100万ドルです」

 

「たったの『30秒』で100万ドル!?」
ピカソは笑います。「30年と30秒ですよ」
 
デザイナーやクリエイターの作品の価値を分かってない!
というニュアンスで語られるお話ですね。
 
 
正直、プロなのに共感する人が多いみたいで驚きです。
だってこれ、共感してたら稼げないと思いません?
 
そもそも「価値」というのは、相手に発生するものです。
売り手が、がんばりをアピールするものでしょうか?

 
30年もがんばったんだから、30秒で書いても100ドルの価値があるぜ、うぃ~!!!ってことでしょ? さぶ。
 
 
でも芸術なら、まぁわかります。
アートってそういうもんですもんね。
ノーセンスな渡しだって、そのくらいは理解しています。
 
 
問題はビジネスでの場合。
ぶっちゃけ、売上が高いものが価値が高い。
 
デザイナーがどれだけ頑張ろうが、売れなきゃ価値なし。
逆に売れれば、制作時間なんてまったく興味はありません。

 
結果にフォーカスする。
それがプロってもんじゃないの?
 
がんばりをアピールして、理解してくれない相手を非難する。
それはそれであっちゃぁ、あり。
 

でもこれから先の仕事も、ほとんど素人が相手になるよね。
まぁそーゆーことです。

 

アンダープレッシャー

ちなみにクイーン&デビッドボウイの「アンダープレッシャー」。
スタジオ内の即興演奏で作られたそうな。

 

にもかかわらず、音楽史上最も有名なベースラインの一つに挙げられるそうな。
しかも、ローリング・ストーン誌が2011年に読者投票によって選んだ「音楽史上で最も偉大なコラボ曲」のランキングにでも堂々の2位。

 

 

この高い評価は、がんばりをアピールしたからだろうか?

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 闘犬文化

  • 学費が高く10万円では足りない?

  • NO IMAGE

    ネットの誹謗中傷

  • ドイツ勝利!コロナワクチン強制摂取法案却下

関連記事

  • ロリポップ

    ワードプレス引越し

  • 評価が気になる人

  • 統計データで見る、コロナの恐怖!

  • https://kuwanokazuya.com/wp-admin/

    騙されやすい人の特徴

  • 岐阜県関市の長良川の水死

  • ワードプレスバックアップ

    UpdraftPlus・ワードプレスバックアップ