1. TOP
  2. 新井浩文の作品は公開して被害者に分配したら?

新井浩文の作品は公開して被害者に分配したら?

芸能
この記事は約 2 分で読めます。 16 Views
カップル

新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)のマッサージ店での性犯罪容疑。
主演映画「善悪の屑(くず)」公開中止など、数億円単位の大きな影響に。

 

でも中止はしかたないとして、撮影が終了している役者や関係会社へのダメージも大きいですね。
過去作品も削除は行き過ぎでは?との考えもあって、ビジネス的にはバカッター以上のダメージです。

もっとも、被害者がいることなので被害者感情が最優先ともいえますよね。

 

 

そこで思ったのが、中止じゃなくて公開したらどうだろう。
これならビジネス的なダメージは最小限に抑えられます。

そして、被害者にはその収入の数%が支払われる。
賠償金にプラスして、作品の収入から支払いが発生するわけです。

 

作品を売りたい側としたら、数%の負担でドボンは避けられる。
なにより被害者には、作品のわずかな金額とはいえ個人ではバカにならない金額が入る。

もちろん作品の公開、その後のDVD販売、有料動画での放映。
これらに関わる収入の一部が被害者に入り続ける。

 

 

もちろん今このタイミングで提案したら、被害者だってリスクがわからない。

なので、たとえば3か月だけお試し期間。
3か月後に、あらためて被害者が差し止めの権利をもつとかね。

 

といっても、目の前には3か月分の収入があるわけです。
今後もこんな感じで収入になる・・・

と思ったら、楽しいことして人生楽しんだ方が得だよね・・・
と思うはず。

 

 

一見だましているようだけど、人間の脳のしくみとしては合理的。

たのしいことは記憶されるけど、悪いことは忘れるようにできています。
そのため高齢者ほど幸福度が高かったりしますから。

 

これなら被害者のネガティブなことを最小化し、幸福体験を増やせる。

ビジネス的にも、ドボンになるより貼るかに合理的な判断菜気がするんだけど。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

カップル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ガードレール

    池袋母子死亡事故の会見

  • NO IMAGE

    なんと3回目の獄中結婚!木嶋佳苗死刑囚

  • 45歳以上の社員

    【悲惨】45歳以上はクビ!の恐怖!?

  • NO IMAGE

    応援上映

関連記事

  • NO IMAGE

    AKB福袋2017を現地で買ってみた

  • NO IMAGE

    藤田奈那の生誕祭に応募してみた

  • NO IMAGE

    ピエール瀧さんコカイン逮捕で放送規制のタイトル

  • NO IMAGE

    スローカズダンスも仕事のうち?

  • アイキャッチ画像

    松居一代