1. TOP
  2. 好きじゃないと生き残れない

好きじゃないと生き残れない

桑野一哉
この記事は約 3 分で読めます。 15 Views
パソコン




好きを仕事になんてのは、世の中をナメた発想です。

でも最近、そうとも言い切れない。
いやむしろ、好きじゃないと生き残れないんじゃない?
なんて思うことが多くなってきました。

 

あ、前提として社会インフラなど「好きでやってるわけじゃない」という仕事の方が大切です。

 

「好き」がビジネスになる時代

でも最近は「好き」という価値がビジネスに直結してきてるし、稼ぎやすいなぁと思うって話。

大きな理由は、たぶんネット。いまさらながらインターネットですよ。

 

たとえばパソコンなどだと、いわゆるマニアは昔からいました。
パソコンショップの店員より、はるかにくわしい素人ですね。

 

その人がブログなどネットで情報発信するようになると、検索する人も増えるのでかなり詳しい見込み客になるわけです。

それでも購入する場合は店舗に行く必要があったので、別に店員が知らなくても売れてたわけ。

 

パソコン

 

でもネット通販が当たり前になると、高くて知らない店舗で買う理由ってなくなっちゃう。

逆に情報発信をしてたマニアは、コンテンツを持っているということ。

 

物をメルカリとかで売ってもいい。
私なんて、アイドルイベントの特典を売ってましたから。

 

そして好きな人がアフィリエイトでも始めたら、さらに稼げてしまう。※楽にウハウハだぜ!ではなくて、今までは無価値だったことが少しでも収入になる。

だってアフィリエイトなら、amazonや楽天の商品を紹介すれば報酬になりますからね。
自分の仕入れルートとか関係なく、本当によいモノをチョイスするだけ。

 

店舗いらずの小売店

商品を紹介して手数料を得る。
これって小売店とまったく同じです。

じゃぁ小売店の店員が、マニアより詳しくなれるか?
そりゃたぶんムリでしょう。

 

マニアは好きなんだな、そのテーマが。
生活のためにやってるわけじゃなくて、いわば人生を使ってるんだもの。
こういう好きな奴にはかなわない。

 

こういう人たちがブログやユーチューブで情報発信やコンテンツ作成をするようになり、売買はアマゾンや楽天でできちゃう。

とても便利だ・・・

 

普通の店舗が生き残るのは難しい

このようにネットによって「好き」ってのが経済活動に直結してしまったわけ。

 

「好きなこと」を仕事にするなんて社会をナメてんのか!
って時代から、
「お金のために」仕事をするほうがお客さんをナメテルよね。

 

念をおすけど、社会インフラのように「人の役に立つ」ってのは別枠ね。

 

そう考えると店舗が生き残るには、すっごいお店が魅力的だとか、店員さんがステキ!とかそういうのじゃないと選ばれる理由がなくなっちゃうんじゃない?

 

もっとも、そっちの方が難しい。
だから商店街などなくなってるわけですけどね。





\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

パソコン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuwanokazuya

この人が書いた記事  記事一覧

  • パソコン

    好きじゃないと生き残れない

  • 店舗

    アマゾンより素人より信用がない店舗は消えるだけ

  • 投資詐欺

    バフェットを投資詐欺で騙せる人

  • お金

    店舗の売り上げが下がるのは○○がないから:革命のファンファーレ

関連記事

  • NO IMAGE

    うなだれ昆虫人間

  • NO IMAGE

    自信をつける方法

  • NO IMAGE

    東急電鉄は体当たり乗車もOK

  • 投資詐欺

    バフェットを投資詐欺で騙せる人

  • NO IMAGE

    「車内での化粧」はみっともないが、みっともない

  • NO IMAGE

    ソフマップ福袋